タバコを吸っていましたらガンになる、タバコ三大有害物質説明

「タバコを吸っていましたらガンになる」とは良く言われる事項です。そもそもタバコの中にはどういう物質があるかご存じですか?ここでは、タバコに含有される多くの成分の中でも“三大有害物質”と言れるものについてご説明します。

タバコ有害物質のニコチン
タバコに含有される成分の代表格ですね。ニコチンは吸収してから数秒で全身に巡る特性を持ちます。ニコチンを摂取すると身体的な依存が起きることは常識ですね。心拍数や血圧の上昇、動脈硬化などにも影響を与えます。

さらに、ニコチンはシアン化水素に同じような毒性を持つとも呼ばれています。昔はゴキブリの駆除剤にも使用されていました。タバコを吸ってクラクラする人は、このニコチンによる急性中毒症状なのです。他にも、ニコチンを排出する際、腎臓にものすごい負担がかかります。そのため、腎臓病の発症リスクも高めることが分かっています。

タバコ有害物質のタール
こちらも有名ですね。よく喫煙者の部屋の壁紙やカーテンが黄ばんでいたりします。これはタールによるものです。ールは一つの物質ではなく、多くの目に見えない細かな粒子の総称です。タールの含まれている煙には、ベンツピレンをはじめ、アミン類などの大量の発がん性物質が存在します。1日1箱、毎日吸っている人は、年間でコップ1杯分のタールを飲んでいるとも言われています。想像しただけで鳥肌が立ちますね。

タバコ有害物質の一酸化炭素
上記で挙げたニコチンとタールは商品にも記載されているため、有名な物質ですよね。しかし、こちらはあまり聞いたことのない人が多いのではないでしょうか。一酸化炭素は、摂取するとヘモグロビンとくっつく性質を持っており、本来ヘモグロビンが果たすはずの役割を奪ってしまいます。

そのため、慢性的な酸欠状態に陥ります。一酸化炭素は、運動能力を低下させたり動脈硬化などのリスクも誘発します。