チャンピックスで禁煙に失敗した原因

高い禁煙効果で禁煙外来でも処方されている評判の高いチャンピックスですが、このチャンピックスを使用しても禁煙に失敗してしまう人の原因について調査しました。禁煙に失敗してしまった人、禁煙に自信のない人はまず当サイトをご覧下さい。
チャンピックスで禁煙に失敗した原因とは
煙草をやめるということが病院で行われる治療として捉えられるようになり、禁煙外来が設置されました。ニコチンに対する依存がある診断されると保険適用で治療を行っていくことができることも魅力的な点であることから、禁煙外来を受診して煙草をやめようという動きが強まってきています。

そこで処方される薬がチャンピックスであり、チャンピックスを服用することによって禁煙を補助することができます。しかし、必ずしもあらゆる患者がチャンピックスによって禁煙を達成できるわけではなく、失敗してしまうこともあります。

その主な原因となるのが二つあり、一つはチャンピックスの副作用によるものであり、一つは禁煙に対する意志の強さによるものです。チャンピックスには吐き気、頭痛、便秘、腹部膨満感、眠気といった副作用が報告されており、特に吐き気は比較的高頻度に見られる副作用となっています。こういった副作用の症状が出てきてしまい、それが軽減されていく様子がない場合には治療を断念せざるを得ない状況になる場合があるのです。

一方、副作用によるものではなく、服用期間中につい一本の煙草に手を伸ばしてしまったために失敗することもあります。煙草に精神的な安定を求めていた人にとっては特にそういった傾向が強く、イライラがたまってしまったり、物事に集中できなくて落ち着かなくなったりしてしまい、それに絶えられなくなって一本だけならと考えてつい吸ってしまうのです。それをきっかけにまた吸い始めてしまって失敗するというのが比較的多い失敗例です。禁煙への意志の強さが禁煙治療には不可欠なのです。また、飲み忘れによって薬の効果が減ってしまい、結果的に喫煙を始めてしまうという人も見かけられることにも留意が必要でしょう。